【俺の甲子園】北名古屋南高校、秋大の結果

3回戦、足を絡めた春日井中央高校の攻撃が素晴らしく、小刻みに失点を重ねた結果の負け。 北名古屋南 本0 盗塁0春日井中央 本3 盗塁6 2戦目で敗退。しかも同じやられ方で負けた。監督失格だ。春、あれだけ捕手の肩でやられたことを悔やんだのに、のど元過ぎれば何とやら、正捕手の小西を温存してしまった。 温存の理由は4つあった。1.初…

続きを読むread more

【俺の甲子園】新チーム発足後、初めての公式戦に向けて

春の大会の反省から捕手を入れ替えて望んだ夏の甲子園予選であったが3回戦敗退。我が校の記念すべき第1回生である現3年生は、目立った成績を残せず引退となった。サウスポー橋野を中心とした現在の2年生は、昨年の1年生大会で4回戦を突破したチーム。さらにはAランク1年生の長岡投手の2枚看板として始動した新チームで、初めての公式戦である秋の大会に臨…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】福田の逆転3ランホームラン!

見ごたえのある試合だった。ナゴドでライブ観戦したドラファンはエキサイティングなゲームだっただろう。中日の先発は勝野。ここ数試合は、ナイスピッチングでしっかりとゲームを作っている。この日も4回にソロHRで1点先制されたが6回を投げ切り1失点と素晴らしいピッチングだった。1点差で迎えた終盤7回の攻防が勝敗を分けた。まず動いたのは与田監督…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】根尾くん昇格&勝負の8月

去年のドラフトで指名した高校生石川くんと岡林くんが、根尾くんより先にプロ初ヒットを達成する中、根尾くんは2軍で結果を残し続けた。焦る気持ちもあった?だろうが、9連戦の初日である昨日、ついに今シーズンはじめて1軍にあがり、いきなり1番ライトでスタメン出場。去年、代打で2打席しか貰えなかったことを思えば、昨日1日だけでも良い経験となった…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】不思議の勝ち

勝ちに不思議の勝ちありとは、昨日の試合のことだろう。 セオリーを大幅に逸脱した起用法で、戦前から勝てる条件が、監督の肩幅と同じレベルで不足していた。・けが人続出で周平、アルモンテがいない打線・絶不調のマスターが5番スタメン起用・大活躍中のアリエルはベンチスタート・勝った次の日のスタメンを大幅に弄る・3カード連続負け越し・DeNAの勝敗…

続きを読むread more

【日常日記】人の好意を無にする女

電車での些細なできごと。 私の斜向かいの座席に座った23才くらいの女が、スマホを取り出したと同時にスイカを落とした。 女は落としたスイカに気付いたかわからないが、気にとめることなく連れと会話している。 落としてから約5秒くらい経過したところで、正面に座っていた50才くらいのおっさんが、落としたス…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】ドラゴンズの未来

もう若手にシフトしたいくらいベテランが機能しない。大島、平田、福田、外野手3人とも調子が出ない。この3人に加え、阿部不調、アルモンテの離脱と主力の半分が使えない状態で、序盤で借金2なら良しとすべきか。そもそもこうなった原因は、やはり現場責任者である監督にあると思う。では、監督の何がいけないか?と冷静に考えてみた結果、致命的な話ではあるが…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】2020年中日vs阪神1回戦レビュー

開幕して3カードを消化し・・・ヤ:2勝1敗デ:3連敗広:1勝2敗借金3で迎えたナゴドの阪神3連戦。先発は柳投手。前回のDeNA戦で粘投したものの惜敗。元気がない阪神打線だけに、勝ちたいゲームであった。結果は、6回にマスターのタイムリーヒットで先制、先発柳が7回を投げきり無失点。7回アルモンテの満塁HRが出たところで勝負あり。投打が噛み合…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】得点力不足を解消するには!

得点力が課題のドラゴンズ。去年そうだったが今年もチーム打率は非常に高い。ヒットは出るが、点が入らない。気がついたら残塁の山。シーズン通して残塁数を数えたことはないが、エベレストを越えるほど残塁が多い。残塁の話はさておき、得点力不足の解消であるが、どのチームも長いシーズンでチーム打率が3割を超えることはない。つまり、7割以上がアウトである…

続きを読むread more

【中日ドラゴンズ】2020年 vs DeNA1回戦レビュー

昨日のような試合はもう見たくない。DeNAの先発投手の調子は被安打数からも、手も足も出ない投手という訳ではなかったところが問題だ。では、なぜ負けたか?要因は複数あると思うが、1番は早い回で点をとってあげられなかったからだと思う。先制点がとれていたら違う展開だったと思うし、0対0で先制のチャンスを潰して点がとれないと、味方選手のメンタルに…

続きを読むread more