【中日ドラゴンズ】2020年中日vs阪神1回戦レビュー

開幕して3カードを消化し・・・
ヤ:2勝1敗
デ:3連敗
広:1勝2敗
借金3で迎えたナゴドの阪神3連戦。先発は柳投手。前回のDeNA戦で粘投したものの惜敗。
元気がない阪神打線だけに、勝ちたいゲームであった。
結果は、6回にマスターのタイムリーヒットで先制、先発柳が7回を投げきり無失点。
7回アルモンテの満塁HRが出たところで勝負あり。投打が噛み合い勝利を収めた。
試合のポイントとしては、先発柳の完璧なコントロールでゼロに抑えたのが滅茶苦茶でかい。
マスターの先制点も素晴らしいが、7回裏の8番キャッチャーから始まる攻撃で追加点を入れたところも見逃せない。
開幕からここまでの9試合、2番3番の出塁が悪く打線が繋がらなかった。
しかし昨日は、1死12累の場面で2番平田が四球で繋ぎ、3番アルモンテが試合を決めるHR!
与田監督の開幕前からの狙い通りのゲームではなかったかと思う。
ただ良い点ばかりではない。問題視したいのは、5回裏の京田の打席。
6番マスターが出塁し、7番京田に送りバントの作戦は消極的すぎる。
実際には、京田のバントがファールになり追い込まれたためバスターに切替えた。結果、死球でチャンスが広がったのだが...
そもそも7番京田にバントさせ、8番9番で点が入る確率は低い。
5回表まで両チーム無得点で、柳に代打はあり得ない。
京田は足が速いので併殺の可能性が低い。
捕手は沢山ベンチに居るので、どうしても1点欲しいなら代打も出せる。
これだけの材料があるのに、送りバントはない。
ヒットエンドランのほうがより攻撃的だ。仮に決まれば13累のチャンス。
捕手を敬遠され無死満塁で投手で勝負されるかもしれないが、最悪三振でも1死満塁のチャンスが作れる。
現実的に5回裏は点が入らなかった。
直後の6回表の先頭打者、近本がヒットが出る悪い流れにもなった。
この先、ノーアウトでマスターが出る場面はいくつもあるだろう。
状況に応じた作戦でお願いしたい。