【中日ドラゴンズ】2021年セ・リーグ順位予想

2021年セ・リーグ順位予想

1.阪神
2.中日
3.巨人
4.広島
5.ヤクルト
6.横浜

今年優勝しなきゃ、いつするのってくらいの戦力があるタイガース。外人、大山、近本、西、青柳、藤浪、スアレスといった主力に佐藤の加入で鼻息が荒い。優勝経験のあるキャッチャー出身の監督ということもあり、リーグ優勝すると予想。

我がドラゴンズが、阪神の上に立つのが正直想像できない。去年の終盤の2位争いもコロナに感染した阪神に競り負けた。若手が徐々に力をつけてきているが、レギュラーを蹴落とすほどの実力もなければ、首脳陣も若手を1軍で育てる方針でもない。我慢して若手を使い、レギュラーを奪うくらいまでに成長すれば、優勝も夢ではないのだが...。

巨人は、菅野残留も投手力が弱いイメージ。攻撃陣は安定しているので、Bクラスはないと思われる。広島はヘッドコーチが代わって、手ごわい存在になると噂されているが、謎の采配が多くBクラス予想。ヤクルトは、内川加入で、青木-山田-村上-内川の攻撃陣が機能しそうだが、投手力が弱い、弱すぎる。横浜はソト・オースティンが開幕に間に合わないのは痛い。投手も今永、東が間に合わず、相当戦力ダウン。





この記事へのコメント