祝!2020年プロ野球開幕!中日爆勝!!

3ヶ月遅れのプロ野球が開幕した。
ドラゴンズ2020年の開幕投手は、去年防御率のタイトルを獲った大野雄大投手!
直前の練習試合でも不安定な投球内容だったが、昨日の開幕戦での登板でも改善されず結果は、4イニング被本塁打2、被安打9、失点6、自責点6。
ただし、リリーフ陣と野手陣のNICEな活躍で開幕戦・乱打戦の勝利を手にできた。

勝利の要因としては、たくさんあるが、一番にあげるとしたらリリーフ陣の質の違いだろう。
昨年から与田監督・阿波野コーチが種をまいて育てた結果が実ったと言っても良いと思う。
Twitterでもつぶやいたが、同点に追いついた直後の7回裏、祖父江がゼロに抑えたところで、勝利の匂いが漂い始めた。
8回はライマル、9回は福、最後の岡田のリレーで一番点を与えてはいけない7回以降をゼロに抑えた。
昨年の序盤~中盤までは、こういう展開の試合をことごとく落としてきたが、今年の最初のゲームで去年とは違うところを見せることができたことが、何よりも大きい!
ただ、抑え投手が、練習試合も不調、昨日も3安打あびてるところは、まだ本調子ではない証でもある。
昨年の調子にはやく戻れるかが、ペナントレースをスタートダッシュできるか鍵を握っている。

打撃陣は、ちょっとヤバイ。悪いほうにヤバイのではなく、良すぎてヤバイ。
クリンナップが3人とも猛打賞ってなかなかないことだし、昨年の成長株のマスターがいい仕事するし、京田選手も絶好調。
現時点では、何も心配要らないと思う。
代打陣も、右の福田、左の井領が代打の切り札、他にも石川駿、直倫、一星、ファームには、根尾、昂弥、石垣、ベテラン藤井。戦力的には、言うことはない。

昨日の試合で、忘れてはいけないのが、先発した大野投手だ。開幕は特別な試合という意味で初回の3点は仕方ないとしても、そのあとはゼロで6回くらいまでは行って欲しかったのがホンネのところ。昨日はチームメイトに助けられ、負けがつかなかったが、次はその恩を返す活躍を期待したい。ただ、点の取られ方が悪い。練習試合でも打たれ、昨日も打たれ調子が全くあがらない状況は不安要素でしかないが、、、

チームとしては、この勝利で勢いに乗って開幕3連勝したいところ。今日の吉見投手に期待!